SAFSを知るためのキーワード~vol.1~

はじめに

2008年よりオンラインショップでオリジナル水着の販売を開始。

2015年にブランド名を『SAFS』に統一し、さらには実店舗を東京の下町、台東区の三ノ輪にオープン。

メインアイテムのサーフパンツを中心に自由な楽しさをインスパイアしたオリジナルアイテムを中心に展開。
不定期に解説いたします。

これなしでは語れない

SFAを知るためのキーワード

SFAを知るためのキーワード


SAFSを知っている方なら真っ先に思い浮かぶはず。
知らなかった方はここで覚えてください。

SAFSのメインアイテムである個性溢れるサーフパンツたち。
そしてそれはSAFSの歴史とも言える。

もともと2000年代以前から水着の卸販売をしていたが、量販的商売に嫌気がさし、 本当に『カッコイイ』デザインのパンツが作りたいと思ったのがSAFS誕生のキッカケ。
試行錯誤を繰り返しながらも2008年にネットで販売をスタート。
最初は誰も興味を持ってくれなかった。。

この頃から私たちのマインドが、ビジネス的な成功より “SAFS”の自由で気軽に取り入れられて誰でもが楽しめるパンツを販売することにシフトチェンジしたターニングポイントでもあります。

そしてネットを中心に販売を始め、楽天市場やyahooショッピング、amazonでは 毎年オリジナルのサーフブランドでは郡を抜いての販売実績を作りました。

2014年、2015年の夏は由比ヶ浜で開かれるavex海の家でもスタッフウェアとして採用されるなどの実績も。 2014年頃からアメリカ進出。

そちらはまだまだ試行錯誤中。。。

実は誰もできないサーフィン

SFAを知るためのキーワード


年々販売数が増加し、サーフパンツ専門の新しいサーフブランドを認知されるようになりながらも、
実はSAFSのスタッフの中にはサーフィンに精通している者はいないのである。

サーフパンツを売りながらサーフィンの話を振られても全く理解できないという状況になるわけだが、
とはいえ、サーフや海を連想させるスローで自由な暮らしぶりには影響を受けている部分は多くあり、
そんなSAFSだからこそプロユースではない多くの方に受け入れてもらえたポイントであることは間違いないと言える。

純粋に水着としてカッコイイデザイン、履き心地、それでありながらも手に取りやすい価格、
SAFSのオンラインショップや実店舗での心地良さなどはほかの本格サーフブランドの水着では出せない魅力。

水陸両用の考え方

SFAを知るためのキーワード


近年アメリカ西海岸のカルチャーの影響から、日本でもボードショーツの街履きのトレンドの波が来て、
街でボードショーツを履くのは流行りでお洒落という認識になっていますがSAFSの水陸両用はトレンドよりも先。
オシャレにアメリカ西海岸から影響なんて微塵も受けてなく、
理由はカッコイイデザインのパンツなら、年に数回海だけで履くのは勿体無いし、
海に行った時のワクワク感を街でも味わえればいつでもスローでエンジョイできるライフスタイルが送れるんじゃないかということ。

海でもサーフパンツ、家でもサーフパンツ、寝るときもサーフパンツ。
心地よくて楽だし、そんな生活を楽しむのが何よりもカッコイイと思うから。

そんな考え方も、東京下町のローカルから展開するのも含め、SAFSの魅力なのです。

back number

バックナンバー

サーフパンツ

バックナンバー

レディースサーフパンツ

バックナンバー

浅草

バックナンバー

モーターサイクル

バックナンバー

ペアパンツ

バックナンバー

水陸両用

このお話の関連商品

関連商品

関連商品

関連商品

SAFS 写真ギャラリー

SAFS実店舗 写真ギャラリー


ネットでご覧頂いているお客様にもSAFSの雰囲気や提案したいこと。
それを少しでも伝えることができればと、実店舗の様子が分かるギャラリーです。
ここを見ればSAFS実店舗の雰囲気が味わえるように。
それではごゆっくり、ご覧下さい。